不登校の生徒でも通いやすい通信制高校の特色について。

積極的に不登校の生徒を受け入れている。

通信制高校とは、普段は自宅で教材を使って自分で勉強しながら、時折スクーリングのために学校に通う高校のことです。通信制高校は、全日制や定時制の高校とはまた違った特色があり、状況によっては通信制高校に通うのがふさわしいという生徒もいると思います。特に通信制高校は、積極的に不登校の生徒を受け入れているところが多いです。基本は自宅での学習を行う通信制の高校は、小中学生時代に不登校だった生徒も高校になってから不登校になった生徒も、問題なく通えるところが多いです。

全国どこからでも生徒を受け入れている。

全日制の高校や定時制の高校は、通学時間のこともあってある程度通える高校は定まってくるものですが、通信制高校は月に数回とか、一定の期間だけスクーリングで通うところがほとんどなので、自分の行きたいと思う高校を選んで通うことができます。高校によっては、スクーリングの会場が全国各地にあるところもあり、自宅の近くでスクーリングを受けることも可能ですし、一定の時期に集中してスクーリングを行う高校もあるので、その時期だけ宿泊施設を利用しながらスクーリングに通うこともできます。高校には行きたいけれど、中学生の頃の同級生がいる高校に通うことに抵抗のある不登校の生徒でも、通いやすくなっています。

随時転入や編入ができる。

全日制の高校や定時制の高校では入学が4月と決まっており、転入や編入に関しても条件がありますが、通信制高校は一定の時期に一定の単位を取得すればいいので、転入や転入は随時受け入れが可能であったり、入学も年に数回可能な時期があったりするところも多いので、高校には進学したけれども不登校になった場合でも、新たな勉強の場所としていつでも通信制の高校に行くことが可能になるのです。今不登校になっているからと高校に通うことを諦める必要はないのです。

通信制高校は不登校などを理由に通学生の高校に通えなくなった学生の他、芸能活動を行う人なども多く利用しています。