専門学校に通って取得することができる資格3選

看護師資格を得るには

看護師は、看護大学に進学しても資格を得ることができますが、専門学校に進学しても資格を取得することができます。看護大学よりも1年早く就職できるため、それだけ早く現場での経験を積むことができます。また、公立の専門学校の場合だと学費が大学に比べてかなり安いところが多いです。その結果として、社会人から看護師を目指す方は、学費の安さや入学の際の難易度を考えて、看護大学より専門学校を選択するケースが多くなっています。

調理師資格を得るには

調理師は国家資格であり、調理のプロともいえる資格で、正式には調理師免許という免許を持った人のことを指します。ただ調理を行うだけでなく、食品の栄養や衛生などの知識を持つことが必要とされます。通信講座で資料を取り寄せ受験することでも取得できる資格ですが、専門学校に進学して卒業すれば無試験で免許を取得できます。さらに実地で学ぶという観点から言えば、やはり専門学校で学んだほうが良いでしょう。また調理師免許を持っている場合、飲食店を開業するのに必要な食品衛生責任者の資格は、申請するだけで取得できるというメリットもあります。

介護福祉士資格を得るには

介護福祉士は、高齢化が進む日本で強く必要とされている職業です。仕事としては医療施設や福祉施設で介護支援サービスを行うこと、他のヘルパー指導などです。専門学校は2年制が中心で、介護福祉士養成施設とされる学校を卒業することで受験資格を得ることができます。介護福祉士にならずとも介護の仕事を行うことはできますが、やはり専門的な技術や知識を学んだ介護福祉士の資格を持っているほうが、その後のキャリアプランにも有用です。

ヒューマンアカデミーでは現役プロ講師を筆頭に、しっかりとしたサポート体制がとられた資格取得のための教育機関です。