声の仕事は、自分の人生経験を活かせる仕事

アニメ以外にも活躍の場は多い

声優の仕事と言ってまず思い浮かぶのは、アニメの吹き替えでしょう。アニメは世界でも注目の文化となっており、作品の数も増える一方です。ヒット作に出会えれば、一躍人気声優となれるチャンスもあり、声優は現在人気の職業となっています。しかし、声優の活躍の場は、アニメ以外にもたくさんあり、映画の吹き替えやテレビ、ラジオのナレーション、ラジオのパーソナリティーなど様々です。最近ではゲームのキャラクターボイスなどの需要もあり、幅広く活躍できる職業となっています。

人生経験が活かされる仕事

声優は、基本的には顔を出さない仕事なので、演じられる役柄が極端に制限されることはありません。年をとっても、実力があれば、若者の声を演じることも可能です。むしろ、人生経験をたくさん積んで、表現力に深みが出るという強みもあります。「この人物はどんな風に生きて、どんなことを感じているのだろう?」と思いを巡らせ、キャラクターそのものになっていき、見る人に感動を与えることができるのは、声優の醍醐味とも言えるでしょう。

声優に求められる表現力を培う

声優には、声で人の心を動かす力が求められます。脚本からキャラクターの心の動きを読み取る感受性と、それを最高の形で見ている人に届けられる「表現力」が求められます。たくさんの経験をし、嬉しい・悲しい・苦しい・幸せ、などの感情を、自分の中から最大限に引き出せるように、ちょっとしたことにでも「感動」できる感性が、表現力を豊かにしてくれます。笑ったり、泣いたり、怒ったり、感情を素直に出していくことも、声優の仕事に大いに役に立つでしょう。

声優は活躍の場が日に日に拡大してきている人気の職業の1つです。声優になるには声優の養成所に通うのが一般的で、経験を積んだ後、プロダクションに入って仕事をしていきます。