高校中退も一つの人生!中退後の進路や生活は?

高校中退へのイメージ

義務教育の中学校を卒業したら、ほとんどの人が高校生になり何ら問題無く卒業していきます。つまり、高校中退は世間一般で言えば珍しいことで理由によってはナーバスに受け取られてしまう可能性があります。金銭面や家庭の問題で中退することになれば何ら問題ありませんが、単に授業が面倒で受けたくないので中退したのであれば厳しい目を向けられてしまいます。全て自分のお金で授業を受けている訳ではありませんので、両親への配慮も必要です。

高校中退後は働きたい

高校を中退して、どこにも所属することなく無気力な生活を続けるとその期間が長くなるほど再就職が難しくなります。人事の方には、高校もきちんと卒業せず更にその後も行動していないとなると、しっかり働ける人材ではないと判断されてしまうのです。高校中退後の人生をより良いものとする為にはアルバイトでも正社員でも良いのでまずは働き出すことを第一に考えたいです。社会参加から遠のけば遠のくほど、自信も失われてしまいます。

やりたいことを追及する

高校中退の理由は様々あるにせよ、その後明確にやりたいことができる場合があります。何かに挑戦したいという気持ちは大切で、人生を活気立たせる大きな要因となります。例えば海外で語学を学びたいと感じるのであれば親から援助を受けるのも一つの手段ですし、アルバイトをしてお金を貯めるのも良いです。存分にやりたいことを堪能してから正社員への道を探すのも悪くはありません。高校中退後の十代後半の時期はまだまだ長い人生の序の口なので、希望を持って生活したいです。

高校中退して履歴書などを書く場合には、最終学歴は中学校卒業となり、中退を書くかは自由となっています。